スタッフ|七五三やベビーフォト、家族写真ならキッズフォトスタジオ ことり|埼玉南浦和

皆さんは、「写真を見る時間」を作ってますか?

最近はスマートフォンやデジカメで撮影して、
その場ですぐ見ることができるようになりました。
少し前は、写真を現像するまで
どんな写真が撮影できているか待つ時間があって、
写真が出来上がるまでも楽しみな時間だったと思います。

出来上がった写真をアルバムに並べて、
遊びに行った場所や、一緒に行ったお友達との思い出話をして、
今度はどこに行こうかと思いを巡らす時間。
部屋の模様替えやお引っ越しの作業中に
アルバムが出てきて、ついつい見てしまうという事もありますね。
そんな時間も、「写真を残すこと」をしないと作れません。

今お子さんと見ている空の色も、
景色も、一緒にどこに行ったのかも、
人は忘れてしまうし、覚えていられる事には限りがあります。
どんな些細な一瞬も、10年後に一緒に振り返って、
笑える時間を作ってほしいと思っています。


お子さんたちの撮影を始める前は、
結婚式の撮影をしていました。

そこでは必ず、新郎新婦から
ゲストへのおもてなしとして、
受付スペースやバンケットに
趣向が凝らしてあります。

お二人によってスタイルは様々でしたが、
一番多かったのは、新郎新婦の小さい頃のお写真アルバムでした。
ご親戚やお父様お母様が肩を寄せ合って、
当時の写真を見ながら、
思い出を口にしている時間。
姪っ子ちゃんたちに「○○ちゃんの小さい時よ」と話してあげたり、
「こんな時もあったなぁ〜」と笑い声が聞こえたり。
その楽しそうなひとときに、
ご一緒させて頂ける時が幸せでした。

素敵なご家族には、
素敵な思い出がたくさんあります。
皆さんも写真と一緒にたくさんの思い出を残してください。

カメラマン

わたなべ せいら

1987年生れ 埼玉県出身北陸育ち
ブライダルフォト経験後、
2015年からキッズフォトスタジオことりのカメラマンに。