ブログのカテゴリー

6:00 PM

◆今日は重陽の節句です◆

◆今日は重陽の節句です◆

こんにちは、カメラマンのわたなべです。

まだまだ暑いうえに、突然の雨も

続いていますね。

 

台風被害や地震被害に合われた方には、

心よりお見舞いを申し上げます。

 

今日は撮影とは違った話で

ブログをあげてみたいと思います。

もうすぐ来る9月9日、

「菊の節句」というお祝いの日なんだそうです。

 

日本の五節句

1月7日→人日(じんじ・じんじつ)七草粥

3月3日→上巳(じょうし)桃の節句

5月5日→端午(たんご)端午の節句

7月7日→七夕(たなばた・しちせき)七夕の節句

9月9日→重陽(ちょうよう)菊の節句

 

菊の節句は、五節句を締めくくる行事として、

昔は一番盛んに行われていたそうです。

節句はすべて奇数の日にお祝いされていますが、

古来より奇数は縁起の良い陽数とされ、

奇数が重なる日にお祝いをしたのが

五節句の始まりと言われています。

菊の節句は、一番大きな陽数の「9」が重なるので、

陽が重なると書き、菊を用いて不老長寿や繁栄を願います。

 

平安時代には菊の花を鑑賞して

厄払いをしていたといいますから、

菊を飾るのはもちろん、お風呂に浮かべて「菊湯」、

中国では古くから漢方として使われている

「菊花茶」を飲んで夏の疲れを

癒してみるものいいかもしれません。

 

また、秋は収穫の季節。

秋茄子や栗ご飯でお祝いしたり、

食用菊で菊のおひたしを作ってみたりすれば、

もの珍しくてお子さん達に喜ばれそうですね。

(食べられないかもしれないですが。。。)

 

この頃に行う風習として、

「後の雛」(のちのひな)というものがあります。

桃の節句で飾ったひな人形を、虫干しも兼ねて再び飾り、

健康、長寿、厄除けなどを願う風習で、

江戸時代に庶民の間で広まったといわれています。

 

そして、菊の節句から少ししたら、

敬老の日や秋分の日と祝日が続きます。

普段のお礼も込めて、

おじいさま方と家族写真などいかがですか?

年に一度みんなで写真を残しておくのも、

良い思い出話ができそうですね。

20170525大嶋_家族02

calendar

完全予約制です!

営業時間 10:00 ~ 18:00 
定休日:不定休(詳しくはお問い合わせください)

access

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2-41-17

048-767-3836

撮影中はお電話にでれない場合がございます

営業時間 10:00 ~ 18:00 
定休日:不定休(詳しくはお問い合わせください)

お問い合わせ 資料請求 ご予約はこちら
キャンペーン・イベント