ブログのカテゴリー

2:55 PM

今日は鏡開き【暮らしの豆知識】

今日は鏡開き【暮らしの豆知識】

今日はたまに書いている、

日本の行事について、ブログを書きます~。

 

今日はお正月の行事に鏡開きについて!

お正月の間、皆さん鏡餅飾りましたか?

松の内(一般的には1月7日まで)の間、

年神さまの居場所になっている、鏡餅。

年神さまの依り代である鏡餅には、

年神様の有り難い力が宿っているとされ、

食べることでその力を分けてもらい、

一年間の無病息災を願うのが鏡開きです

 

 

なんで鏡開きというのかというと、

飾ったお餅の分け方からきていました。

昔は「切る」は、縁起の悪い表現だったので、

木槌などで割って食べたそうです。

 

割るという表現も、やはり縁起が悪いので、

末広がりを意味する「開く」になったそうです

結婚式などでも、酒樽のふたを木槌で割る時、

「開く」と言いますよね。

 

 

鏡餅といえば、丸いお餅に、

ミカンに似た柑橘や葉っぱが付いていますよね。

この飾りも、一つひとつに意味がある様なので、調べました。

 

●橙(だいだい)

お餅の上に乗っている、アレですね^^

この橙は、木から落ちずに大きくなり、

一つの木にたくさん実が生るので、

「代々大きくなって落ちない」という縁起物です。

 

●楪(ゆずりは)

新しい葉が大きくなってから、古い葉が落ちるので、

代々家系が上手く繋がって行く象徴の葉っぱ。

 

●裏白(うらじろ)

大きなお餅の下に敷いてある葉っぱ。

葉の裏が白いことから、「後ろ暗い事がない」という

清廉潔白を表すそうです。

また、葉の模様が左右対称の形から、

夫婦仲睦まじく過ごせますようにという意味もあります。

 

●紙垂(しで)、御幣(ごへい)

お餅の下に敷く、稲妻型の紙の飾り。

四方に大きく広がって繁栄する姿を現している、

紅白は御幣といい、白一色は紙垂(四手とも書く)というそうです。

 

●四方紅(しほうべに)

お餅の下に敷く、白地に赤い縁取りの紙。

この赤色は災いをはねのけ、四方天地の神を敬い、

一年の繁盛を祈願する意味があります。

 

また、今更ながら、「鏡餅ってどこに飾るもの?」と思ったので、

飾る場所についても調べてみました!

 

●寝室

「え?寝る所に?」と思いましたが、

寝室には納戸神(なんどがみ)、

私的なものを守る神さまがいるそうで、

お守り代わりに置くようです。

 

●台所

竃神(かまどがみ)荒神(こうじん)、という

火の神様がいるのが台所。

気性の荒い神様だそうですが、その分ご利益も多いといいます。

 

●洗面所

ここに飾るのは珍しく感じますよね。

水神(すいじん)という水の神様がいるそうです。

水は生活の要、日頃の感謝も込めて、

来年はここに飾ってみるのもいいかも?

 

●トイレ

意外度ナンバーワンの場所。

でもヒット曲にもあるように、

厠神(かわやがみ)トイレの神さまがいるんですね。

女性のお産を守る神さまなので、

安産祈願も兼ねていいかもしれない…。

 

洗面所やトイレは小さい鏡餅でよいそうです。

また、人が集まるリビングや、

人を迎える玄関も良いそうです。

 

ことりは今日、初詣に行ってきました。

その後、ずっと行こうと話していたお店へ行ってきました!

後日更新致します、お楽しみに!

calendar

完全予約制です!

営業時間 10:00 ~ 18:00 
定休日:不定休(詳しくはお問い合わせください)

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2-41-17

048-767-3836

撮影中はお電話にでれない場合がございます

営業時間 10:00 ~ 18:00 
定休日:不定休(詳しくはお問い合わせください)

お問い合わせ 資料請求 ご予約はこちら
キャンペーン・イベント