0487673836

ブログ一覧ブログ一覧

☆「なんで写真撮るの」☆

☆「なんで写真撮るの」☆

こんにちは、

キッズフォトスタジオことりの

わたなべです。

 

今日はスタジオでアロマスプレーの

ワークショップの後、届け物や打合せをしました。

南区の地名にもだいぶ詳しくなりました。笑

 

 

今日のブログタイトルですが、

よく撮影の時に子供たちに言われる事です。

「確かになぁ」と思います。

子どもたちにしてみたら、

逆に自分が撮りたい!って感じでしょうね?^^

 

「誕生日だから」

「みんな撮っているから」

「ちゃんと撮った事ないから」

 

ご家族によって、スタジオにいらして頂く

タイミングも理由も様々です。

 

少し話が変わります。

IMG_8021

先日入園写真を撮影しに来てくれた男の子。

花や植物が好きで、特に苺はずっと手放なさず。笑

とてもかわいらしい男の子でした。

IMG_8038

これは苺が何個あるか、数えてもらっているところ。

カメラを見ていませんが、撮影した私にとっては、

彼の素直で可愛らしい口調や性格を

思い出させる1枚です。

 

「なんで君の写真を撮るのか」

(話し戻ります、急に(笑)

 

かっこいい構図や明るめの露出などで、

「定義」としての「良い」写真を撮るのは大事なことです。

写真の仕事に携わって10年くらいですが、

写真って何がいいんだろうと考えて、最近思うことは、

「その写真をみて、思い出せることがある」事かな?と思っています。

IMG_8064

抱っこした時の体の重さや、柔らかさ、髪や肌のにおい。

お子さんの小さな手に、腕をつかまれた感覚。

 

お話しができるようになる年齢になったら、

舌足らずで、「し」が「ち」になって話していたり、

でも本人は気にせず一生懸命伝えようとしてくる事。

ジャンプするだけで大笑いしていた事。

幼稚園の制服がダボダボだった事。

 

写真やビデオは、今の姿や感情をそのまま

まるごと未来に持っていって、

まだ会わない大切な人に、

「君のお父さんもこんな時があったよ」

「お母さんも同じことしてたよ」と

伝えられる唯一のものだと思います。

IMG_8068

スマホでもデジカメでも、

スタジオじゃなくて家で撮った写真でも、

きれいじゃなくても、適当に撮っても。

 

写真にタイトルやエピソードがあれば、

それでいいと思います。

IMG_8099

もちろん、私は適当に撮りませんが(笑)、

ことりで撮った写真で、

ご家族の誰かが笑ってくれたり、

楽しんでくれたら幸いです。

 

そんな未来のひと時のために、

写真を撮っているのかなと思っている今日この頃でした。

 

おわり。

また、更新致します?。

こちらも見てね


07/08
【七五三特別プラン】ロケ撮影をされたい方におすすめ!

【七五三特別プラン】ロケ撮影をされたい方におすすめ!

Read

07/07
【イベント】父の日撮影会ありがとうございました

【イベント】父の日撮影会ありがとうございました

Read

06/30
【ハーフバースデー】赤ちゃんらしさがたまらない!

【ハーフバースデー】赤ちゃんらしさがたまらない!

Read